任意後見契約などは公正証書で作成しなければならないとされています。また自筆証書遺言などは、紛失の危険やご逝去後に発見されないかもしれません。

また、例えば公正証書遺言は原本が公証役場に保管されていますが、自筆証書遺言は、その内容が誰かに改変されてしまう可能性もあります。だからこそ、信頼できる公証人が作成する公正証書をさくらサポートではお勧めしています。