ご契約者様がさくらサポートに対して依頼したい事務サポートを記した契約のことで「委任契約」ともいいます。例えば、緊急時の対応、銀行での入出金代行や病院への付き添い手配などはこの契約に基づいてサポートさせて頂きます。またこの見守り契約は、公正証書作成後からご契約者様の判断能力がある間の対応となります。万が一、ご契約者様が契約後に認知症などになられて判断能力が不十分となった場合は、医師の診断書等を参考に見守り契約から認知症サポート契約(任意後見契約)に移行します。