お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「死後の事務サポート」関する事例

「周りに迷惑をかけずに、死後の事務をお願いしたい」

相談者
Jさん 80代 男性
相続人
兄弟2人 子供なし

相談内容

Jさんからの相談内容:

 

「子供がおらず、妻も先日他界したことから、自分に万が一のことが起こった時に誰も対応をしてくれない。」

「兄弟2人も高齢で、無理を言えないので、さくらサポートさんに入院時や死後の事務をお願いしたい。」

「通夜や告別式は不要です。永代供養だけお願いします。」

「家は賃貸なので、自分の死後は家財の処分と賃貸借契約の解除をお願いしたい。」

「銀行その他の相続手続きを、行政書士などの専門家に依頼したい。」

「自分の死後は兄弟やご近所に連絡を取り、連絡調整をお願いしたい。」

提案内容

さくらサポートからの提案内容

 

・見守り契約(委任契約と任意後見契約)、死後事務委任契約についてご説明し、後日公正証書にてご契約しました。

・Jさんは現在お元気なことから、Jさんの万が一の時からのサポート対応であることを互いに確認しました。

・Jさんの体調等に変化があった場合には、速やかにさくらサポートが対応することも両社で確認しました。

・上記の契約を締結したことを、Jさんから兄弟2人に説明をされました。

・後日、エンディングノートを作成することで、Jさんの意志を記録させて頂きました。

・公正証書の作成については、提携しているさくら行政書士法人がJさんの依頼により、上記の契約の準備を行い、公証役場と連絡調整を行いました。

前のページにもどる