お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「入院時のサポート」関する事例

「入院中の病院代の支払いや郵送物の確認を依頼したい」

相談者
Hさん 50代 男性
家族構成
子供1人(他府県に在住)

相談内容

病院のソーシャルワーカーさんからのご紹介

 

〇現在入院中なので、病院代やその他の支払いを代行してほしい。

〇定期的に郵送物を確認し、必要な手続きを代行してほしい。

〇病院のソーシャルワーカーさんや看護師さんと連携をしてほしい。

〇子供と連絡を取りあってほしい。

 

提案内容

さくらサポートからのご提案

 

・Hさんとお会いし、Hさんのお気持ちを確認しました。

・入院時にさくらサポートがHさんの手続きを対応できるように見守り契約(委任契約及び任意後見契約)、死後事務委任契約を公正証書にて締結しました。

・ソーシャルワーカーさんと連携をし、今後の方針を共有しました。

・Hさんの郵送物を確認し、内容をHさんにお伝えしました。

・病院代や各種費用の支払いを代行いたしました。

・後日、Hさんの希望により、行政書士が対応することで公正証書遺言を作成することになりました。

前のページにもどる