お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「お一人暮らしサポート」関する事例

「今は元気だから、もし入院をした時にサポートをしてほしい」

相談者
Bさん 奈良市在住 70代男性
ご家族
妻は認知症 子供なし 弟が近所に住んでいる

相談内容

〇自分が将来、認知症になったり、入院をしたりしたときに、忙しい弟に頼れない。

〇認知症の妻の相談にも乗ってほしい。

〇自分が亡くなったときは弟と協力をして手続きをしてほしい。

提案内容

さくらサポートの対応

 

・見守り契約(委任契約と任意後見契約)、死後事務委任契約、公正証書遺言をご提案しました。

 (書類作成はさくら行政書士法人が対応する旨を伝えた)

・Bさんの弟さんとお会いし、今後の連携方法を探ることをご提案しました。

・遺言書を公正証書で作成することで、思い通りに資産を残せる可能性が高いことお伝えしました。

・Bさんが実際に入院などの状態になった時、弊社がどのようなサポートをするのかを丁寧にご説明させて頂きました。

・Bさんの妻の認知症については、提携司法書士に相談し、訪問していただく予定です。

 

前のページにもどる