お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「入院時のサポート」関する事例

「2か月後に入院をするので、サポートをしてほしい。」

相談者
Dさん 天理市在住 70代 女性
ご家族
結婚歴なし 兄はいるが他府県に住んでおり、頼りにくい

相談内容

〇Dさんより直接、電話相談がありました。

 実はがんと診断されたことで入院が近づいている。

 入院時のサポートをしてほしいとのことでした。

〇入院手続きを任せたい。

〇兄との連絡調整を任せたい。

〇家の郵送物の確認をしてほしい。その他各種手続きがあれば対応してほしい。

提案内容

さくらサポートからの提案

 

・見守り契約(委任契約と任意後見契約)、死後事務委任契約をご提案しました。

・任意後見受任者にさくらサポートがなることで、病院での各種手続きや万が一の際の対応ができると伝えました。

・Dさんのお兄様に早速お電話し、今後の連携方法を具体的に決めることができました。   

・後日、Dさんに万が一のことが起こったときに、どのような対応をしてほしいのかをまとめたエンディングノートを一緒に作成することを提案しました。

前のページにもどる