お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「死後の事務サポート」関する事例

「自分が亡くなった後に喪主になってほしい。」

相談者
Gさん 奈良市在住 80代 男性
ご家族
他府県に高齢の兄が2人 妻子なし

相談内容

Gさんからのご相談内容

 

「自分の死後、兄に頼れないので、葬儀の喪主になってほしい。葬儀は直葬で構わない」

「永代供養の手続きを任せたい。」

「賃貸物件の家の遺品整理をお願いしたい。」

「遺産が残った場合、指定する団体に寄付してほしい。」

提案内容

さくらサポートからのご提案

 

・見守り契約(委任契約、任意後見契約)、死後事務委任契約、遺言書の作成をご提案しました。

・契約書の準備はさくら行政書士法人が対応してくれることを伝えました。

・さくらサポートが喪主になることや永代供養の手続きなどができる旨を伝えました。

・行政書士が相談に立ち会い、Gさんの遺言書に遺言執行者を指定することで、思い通りの寄付(遺贈)ができることを伝えました。また遺贈のリスクや税金については税理士より説明をしていただきました。 

前のページにもどる