お子さまがおられない高齢の方の「後見人」

お問合せ・ご予約 (平日 9:00~18:00)

0120-333-428

パンフレットを 無料でお届け。お問合せ・資料請求はこちらから

サポート事例

「入院時のサポート」関する事例

「今入院している病院から転院するので見守り対応をしてほしい」

相談者
Fさん 80代女性
家族構成
夫は数年前に他界され、お子様はいない

相談内容

〇Fさんは1か月前に、肺炎が原因で緊急入院されました。

 その数日後に担当医師からもっと大きな病院への転院を勧められました。

 

〇さくらサポートに転院の手続きの他に、担当医師や看護師との打ち合わせや、転院先での生活に必要な衣服や小物の用意、郵送物の確認、親戚・友人などへの連絡調整などをお願いしたいとのことでした。

 

〇入院中の身元保証をお願いしたいとのこと。

 

〇転院についてソーシャルワーカーさんとの連携をお願いしたいとのことでした。

提案内容

さくらサポートからのご提案

 

〇さくらサポートの担当者がすぐに入院先に出向き、Fさんのお気持ちを確認致しました。

 

○さくらサポートが担当医師、看護師さん、ソーシャルワーカーさんとケア会議を通して、転院について打ち合わせを重ねました。

 

〇ケアマネージャーさんなどとも連携し、Fさんはスムーズに転院ができました。

 

○Fさんが将来のことを少し不安に思われたので、そのお気持ちも聞かせていただき、遺言書についても今後行政書士を通して対応することになりました。

前のページにもどる