緊急対応から葬儀手配まで 一括支援

サポート内容

あなたのこれからを支えるサポート

今から少しずつサポートが必要な方へ

おひとり暮らしサポート

おひとり暮らしの方に
ぴったりのサポート

委任契約任意後見契約

  • 急病時の救急対応
  • 親族との連絡調整
  • 生活費の出し入れ
  • 銀行の手続き
  • 入所の手続き
  • 介護の手続き
  • ケアマネージャー
    との連絡調整
  • 介護事業所との
    連絡調整
  • 病院の
    付き添いの手配
  • 施設探しの同行
  • 病院の手続き

入院・入所の際も
安心のサポート

委任契約任意後見契約

  • 急病時の救急対応
  • 親族との連絡調整
  • 介護事業所との
    連絡調整
  • 入院・入所の手続き
  • 費用の支払い
  • 通帳の管理
  • その他

認知症になった後も
変わらないサポート

任意後見契約

万が一、認知症になられても、これまでと変わらない生活支援をさせていただきます。

■具体的には…

認知症と診断された場合には、「任意後見受任者」である弊社が、家庭裁判所に任意後見監督人の選任申し立てを行います。その申し立てが受理され任意後見監督人が選任されたときから、弊社が「任意後見人」となり、引き続きサポートをさせていただきます。

お亡くなりになられた
後も徹底サポート

死後事務委任契約

  • お葬式の手配
  • 親族との連絡調整
  • 病院・施設代の清算
  • 家の片付け
  • 税金の清算
  • 家・土地の処分

入院・入所の手続きや費用の支払い

入院・入所サポート

入院時のサポート

委任契約任意後見契約

  • 入退院の手続き
  • 急病時の緊急対応
  • 費用の支払い
  • ケアマネージャー
    との連絡調整
  • 介護事業所との
    連絡調整
  • 家の片付け
  • 入所の手続き
  • 入院保険などの
    手続き

入所時のサポート

委任契約任意後見契約

  • 入所時の手続き
  • 急病時の緊急対応
  • 引越しの手配
  • 家族との連絡調整
  • 費用の支払い
  • 役所の手続き
  • ケアマネージャー
    との連絡調整
  • 介護事業所
    との連絡調整
  • 買い物代行
  • 郵送物の確認

亡くなられた後の葬儀・各種支払いなども安心

死後の事務サポート

亡くなられた直後に、
病院等へ駆けつけ、
葬儀の手配を行います。

死後事務委任契約

病院や施設などへ駆けつけ、ご葬儀の手配をします。

死亡診断書の手配をします。

葬儀・火葬・喪主の
代行

死後事務委任契約

親族などが葬儀に参加されない場合には、弊社が喪主の代行を行います。

火葬場の手配やお骨上げなどにも対応します。

葬儀代金などは、支払い代行を行います。

病院代の清算

死後事務委任契約

病院代の清算を行います。

入院保険や死亡保険などの請求も代行いたします。

郵送物の確認、
各種手続きの解約

死後事務委任契約

持ち家の方に届く郵送物を一つ一つ確認し、解約や連絡をいたします。

親類縁者などの連絡先が分かった場合は、ご逝去の事実を報告いたします。

納骨・埋葬・永代供養
の手続き

死後事務委任契約

予めお聞きしているお墓に納骨をさせていただきます。

永代供養の手続きにも対応いたします。

生前に作成されたエンディングノートをもとに手続きを行います。

不動産の売却・家財
の処分
(遺品整理)

死後事務委任契約

必要な場合は、不動産を処分し、その売却金を相続人などにお渡しします。

家財などで不要なものは、業者を手配し、処分をいたします。

公共サービスや
その他の契約の解約

死後事務委任契約

電気・ガス・水道・電話・インターネット、セキュリティーサービス、プロバイダ契約などを解約し、費用の清算を行います。

固定資産税や
その他の税金の支払い

死後事務委任契約

固定資産税については、新しい納税義務者に名義変更などの手続きを行います。

市・県民税などの税金の支払いを行います。

※提携税理士と相談の上、手続きを行います。

自治会、親族などへの
連絡調整

死後事務委任契約

自治会やご近所の方などへご逝去の事実をお伝えします。

親族の連絡先を事前にお聞きしておき、順次連絡をさせていただきます。

ご契約の内容

今から少しずつサポートが必要な方へ

委任契約

委任契約とは、自分の生活上の事務や入院中の手続き、または出入金の代行などについて、
あらかじめ代理権を与える人を選んで、サポート内容を決めておく契約をいいます。

特徴
  • 必要な時だけ依頼できます。
  • 委任契約を公証役場で契約しておくと、弊社が各種手続きを代行できます。
  • ご契約者様の状況や希望に合わせてサポートをさせていただきますのでご安心です。
  • 将来認知症などになられても、原則これまでと変わらないサポートをさせていただきます。
料金

【一般支援】

※事前にご予約をいただいた場合です。
※交通費は別途実費のみ頂戴致します。
※日祝は、基本的に対応できません。

2,700円(税込)/1時間  9:00~17:00

【緊急支援】

※一般的に緊急を要すると弊社が判断した場合に限ります。
※交通費は別途実費のみ頂戴致します。

10,800円(税込)/1時間 9:00~17:00
13,500円(税込)/1時間 17:00~22:00
16,200円(税込)/1時間 22:00~翌9:00

例)
・ご本人が部屋で倒れており、救急搬送された場合
・ご本人が入院中で、急変された場合
・ご本人がケガをされた場合
・ご本人が事故に合われた場合 など

認知症などになった後も、元気な時と変わらずサポートが必要な方へ

任意後見契約

任意後見契約とはご本人の判断能力がある間に、将来認知症などになったときの サポート内容を、今から決めておく契約をいいます。

特徴
  • 任意後見契約を公証役場を通して契約しておくと、弊社が各種手続きを代行できます。
  • ご契約者様の状況や希望に合わせてサポートをさせていただきますのでご安心です。
  • 基本的には委任契約のサポート内容と同じです。
料金

32,400円(税込)/月

※任意契約よりサポート内容が増えることから定額制にしておりますのでご安心です。

※任意後見契約に移ると、委任契約の費用(10,800円/2時間)は発生しません。

万が一の時でも、周りにご迷惑をかけたくない方へ

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、ご本人が亡くなられた後でも思い通りの手続き内容を、 今から決めておく契約をいいます。

特徴
  • 死後事務委任契約を公証役場を通じて契約しておくと、弊社が各種手続きを代行できます。
  • ご契約者様の状況やご希望に合わせてサポートをさせていただきますのでご安心です。
料金

相続財産の数パーセントを頂戴しております。

資産状況によって報酬は異なります。詳しくはお問合せください。
死後事務委任契約に移ると、委任契約と任意後見契約の費用は発生しません。

※年金の手続きは提携している社会保険労務士に依頼をします。

※税金の手続きは提携している税理士に依頼をします。

ご契約時の費用について(1回限りの費用)

公証役場・公正証書作成費用:約7~9万円

さくら行政書士法人委任契約書等の起案:約5~6万円

合計:12~15万円

※1人分の費用です。

※契約時にさくらサポートに支払っていただく費用はありません。

※契約時、公証人が出張する場合は、費用が1.5倍程度高くなる場合があります。

※契約日に費用の清算をお願いしております。

※委任契約と委任後見人契約は同時に締結します。

※委任契約の費用と任意後見契約の費用が同時にかかることはありません。

※委任契約と任意後見契約のサポート内容は基本的に同じです。

※万が一、契約者の方がお亡くなりになられた場合は、死後事務委任契約に切り替わります。その場合、委任契約や任意後見契約の費用は不要です。


ページの
上部へ